城郭ドットコム  城郭用語事典 トップページへ 


あ行

 名称 説明 
石垣、石積み(いしづみ、いしがき) 防衛的概念の為に石を積み上げたり、土の流出を防ぐ為に
石を積んている箇所の事、近代城郭では美観的意識の為にも多く使用された
井戸郭(いどくるわ) 水の手郭とも言い井戸や溜池を配置した郭
一城別郭(いちじょうべっかく) 城郭としては一つの城であるが、 一方の主となる郭が落とされても、
もう一方の主となる郭で戦える為に谷などを挟み
二箇所に分けるかのごとく築いた築城様式
犬走り(いぬばしり) 郭や切岸の裾に人が通行できる程度の幅を持つ小さな郭
畝状竪堀(うねじょうたてぼり) 竪堀を連続して設けている箇所の事 
馬出し(うまだし) 虎口を守る為に虎口の前に作られた郭
丘城(おかじろ) 丘の上に築かれた城の事を言い、平山城も同じ形式
帯郭(おびくるわ) 郭の裾などに郭を包むような形状で築かれた細長い郭
大手(おおて) 城の正門にあたる箇所、その門へ続く道を大手道と言う


か行

 名前 説明 
空堀(からぼり) 水の入っていない堀
搦め手(からめて) 大手の逆、城の裏手にあたる門、虎口の事
切岸(きるぎし) 人工的に敵が登り難い様に山の斜面を削り崖とした箇所
食い違い虎口(くいちがいこぐち) 虎口を形成する土塁や石垣の端部を重なるようにし
敵兵が直進して侵入できないようにした虎口
居館(きょかん)  城主が平時に住居として使用している館、城がない場合は拠点としている場所
居城(きょじょう)  領主が拠点としている城の事で本城とも呼ぶ
郭(くるわ) 城を構成する人工的に削平された平地、防御的概念の他、居住区域としても使用され、丸、壇とも呼称される事もある
軍用石(ぐんようせき) 敵兵に投下する手で投げれる礫状の石や巨大な岩の事
虎口(こぐち) 郭への出入り口の事
腰郭(こしくるわ) 山の斜面に築かれた郭の事、山城や丘城に見られる
国人(こくじん)  地方に土着した武士の事を言う、戦国時代には独自に土地を支配し大名に仕えたりした


さ行

 名前 説明 
境目の城(さかいめのしろ) 国境の境目に築かれた城で敵の侵入を防ぐ為にも厳重に作られる事が多い
支城(しじょう) 領主の居城である本城を守る為に周囲に築かれた防衛拠点の城や砦の事、
遠方で領主が直接支配せず城主を置く場合も用いられる
戦国時代には領内を守る為、支城網が形成された
主郭(しゅかく) 本丸、詰めの丸、とも呼び、城の最も重要な郭で
城の攻防戦では最終防衛拠点、
陣城(じんじょう) 攻城戦や合戦の際に兵を駐屯させたり敵城を包囲する為に築かれた臨時的な城
守護大名(しゅごだいみょう) 守護は幕府により任じられた地方の軍事、行政の指揮官であり
守護大名はそれを任じられた大名
城主(城主)  城の主、または大名や守護に命じられ城に入った武将の事
織豊系城郭(しょくほうけいじょうかく) 信長、秀吉らの家臣がそれまでの中世の山城には無い先進的な築城技術を駆使して
築いた城郭の事で近畿方面に多く見られる、
戦国大名(せんごくだいみょう) 戦国時代に各地方に割拠し勢力を誇った大名の事、
守護大名から戦国大名となった例も多く見られる
礎石建物(そせきたてもの) 柱を立てる土台に石を使用した建物の事


た行

 名前 説明 
大名(だいみょう) 大きな領土を持つ武家の事で独自に家臣団を構成したり国人を支配するなどした
館(たて) 城主が住む館の事
竪堀(たてぼり) 山の斜面を直角に掘った堀で一般的には等高線に直角に掘られた、
U字型に掘ったり堀切と連結するなど様々なバリエーションを持って作られた
詰城(つめじろ) 戦闘の時、最後に立て籠もる城の事、最高所の主郭の事を詰めの丸とも呼ぶ 
出丸(でまる) 主郭より離れた箇所にある張り出した郭の事
土橋(どばし) 堀切などを築く際に通路として利用する為に削り残した箇所
土塁(どるい) 土を盛り上げたり、削り残したりして防御壁などに利用した土盛
砦(とりで) 規模の小さい軍事上重要な城の事


な行

 名前 説明 
縄張り(なわばり) 郭の配置や区画などを決める事
縄張り図(なわばりず) 縄張りを平面図や立体図として書き込んでいる図面
根古屋(ねごや) 山城や丘城などの家臣や城主の平時の居住区
狼煙台(のろしだい) 敵の侵入などを知らせる狼煙を炊くための台


は行

 名前 説明 
破城(はじょう) 城を破壊して使用できなくする事、城割とも言う
馬場(ばば) 馬の調練場として築かれた広い郭 
平城(ひらじろ) 平地に築かれた城 
平山城(ひらやまじろ) 小高い山や丘の上に築かれた城
副郭(ふくくるわ)  主郭と対になる郭 
方形館(ほうけいやかた) 周囲を土塁で囲んだ正方形の館
堀(ほり) 敵の侵入を阻害する為に掘られた防御施設
堀切(ほりきり) 山城や丘城のの防御施設で、山の尾根筋を深く削り取り
敵の侵入を阻害する為に作られた。堀切を2重3重に連続するものもある


ま行

 名前 説明 
水の手(みずのて) 城内の水を補給する箇所
水堀(みずぼり) 水を湛えた堀の事


や行

 名前 説明 
櫓(やぐら) 櫓を設けるための土檀、石垣を使用する事もある
櫓台(やぐらだい) 土塁や石垣の上に設け、兵を駐屯させ敵の監視や防衛目的等に用いられた建築物
山城(やまじろ) 山の地形を利用し山上の高い位置に築かれた城で主に中世に多く築かれた
横堀(よこぼり) 等高線に平行に掘られた堀で、織豊系城郭に多く用いられる
横矢掛け(よこやかけ) 虎口や通路、又は敵の侵入経路を側面から射撃できるようにした構え


ら行

 名前 説明 
輪郭式城郭(りんかくしきじょうかく) 本丸を包むように郭を展開していく築城方式
連郭式城郭(れんかくしきじょうかく) 郭を連続して縦に繋げていく築城方式で山城に用いられる
梯郭式城郭(ていかくしきじょうかく) 本丸から梯子のように郭を築き展開していく築城方式で本丸から扇型に郭が展開する